LOG IN

Masaya Nakayama's Studio @BUSHWICK

by Miyuki Shoji

NYで活躍する中山 誠弥さんのスタジオに遊びに行ってきました。

ブルックリンにあるBUSHWICK(ブッシュウッィク)は、アーティストレジデンスが集約し、いまNYCで熱い場所なんじゃないかと思っています。そこにスタジオを持つ何人かの日本人アーティストに会って刺激をもらったこともあり、2017年もMONSTER展に参加したアーティスト達と訪問してきました。日本にいるアーティストにも刺激になればと頑張って共有します!

中山さんとは、NYCでいつもお世話になっているアーティストのmattsuoさん(mattsuoさんは別の機会で紹介しますね)のスタジオに遊びに行ったときに出会いました。とにかく素敵な作品に釘付け。彼の作品のコンセプトは、純粋と狂気の間のギャップ。社会の中で学びながら自分の性格を形成する中で矛盾と可能性の両方を生み出すのではと、自分の子供時代に見つけた脆弱な希望から私たちに問いかけいてます。

そうだね、いい意味で子供ってまさしく怪獣だ!
という流れで、MONSTER Exhibition in NYCでゲストアーティストとして参加していただきました。そのときの展示した作品がこちら!

Something we lost (Natural pigments and sumi ink on mashi paper)

ブルックリンのダンボやウィリアムバーグなら賑やかなので、マンハッタンから移動してくるのに躊躇ないけれど、さらにブルックリンの奥地?にあるブッシュウッィクは最初のころ行ったときはちょっと恐かった。きっと曇りで平日の午前中だっからかもしれない...もしも行くなら絶対オープンスタジオの日がおすすめです。オープンスタジオの日程はこちらでチェックできます(https://artsinbushwick.org/)。アーティストが自分のスタジオを解放し作品を展示していたり、ギャラリーが集約するアートビルディングでは、こんな感じで大賑わいです。

もしもこの記事を読んでブッシュウッィクに行かれる方は、オープンスタジオ以外はスタジオには出入りできないのでギャラリーマップをご参考に(http://www.bushwickgalleries.com/spaces)。そしてくれぐれも時間帯や曜日には気をつけてくださいね。

いざスタジオへ!

いろいろアートレジデンスを見学してきましたが、ここもやはり巨大でした。もともとは工場だったり倉庫だったり、それらをリノベーションしています。しっかりリノベーションされているわけではないけれど、前の雰囲気を残しつつ味がある建物、でもセキュリティはしっかりしている模様。

とにかく羨ましい空間!

スタジオにはいるやいなや私もふくめ「いいな〜!」の連呼。でも、NYCでアーティストとして生活するにはスタジオを持つのが当たり前らしく、それなりに費用もかかるので片手間ではない覚悟を感じます。許可をいただき少しだけ室内の写真を!天井も高いし作品を収納する場所や展示できる壁もあり、もちろん制作するスペースもあり、これは作品作りに集中できそう。

屋上はこんな感じ。屋上も広々していて景色も素敵、バーベキューセットもあって楽しそう!屋上で出会ったアーティストも気さくに話しかけてきました。

さて、今回ご紹介した中山 誠弥さんの作品を日本で見れるチャンス!今年も7月に渋谷ヒカリエで開催するMONSTER Exhibition 2018で、中山さんの作品を展示する予定です!
ぜひ会場にお越しくださいね。

Artist Info
中山 誠弥(Masaya Nakayama)
Born in Osaka, JapanLives and works in Brooklyn, NY
http://www.masayanakayama.com/

Miyuki Shoji
OTHER SNAPS